健康のために必要な糖鎖

料理をする夫婦

糖鎖とは、8種類の糖質の組み合わせによって作られるタンパク質です。糖鎖は、細胞同士を鎖のようにつなげているのですが、細胞はこのつながりによって、栄養分を受け取ったり受け渡したりしています。したがって、糖鎖がなければ、細胞は栄養分が不足していくことで、悪い状態になっていきます。そしてそれによって、感染症やガンなどの様々な病気の発症率が上昇するのです。 昔の人には、この糖鎖が体内に8万本ほどあったと言われていますが、しかし現代人には、その半分の4万本ほどしかありません。これは、食生活が昔とは違ってきていることが原因とされています。現代人が昔の人よりも免疫力が低いと言われているのも、ガンになる人が年々増加しているのも、そのためなのです。そのため現在では、糖鎖を増やすための、昔ながらの食事による健康法をおこなう人が増えてきています。

糖鎖は、8種類の糖質でできているので、それらをサプリメントで摂取することでも、徐々に増やしていくことができます。また、糖鎖の働きを活発にするビタミンAやビタミンEのサプリメントを飲むことも、病気を防ぐためには非常に有効と言えます。 昨今では、ガンだけでなく糖尿病や脳卒中や心筋梗塞になる人も増えています。これらも糖鎖が少ないことが原因となっているので、上記のサプリメントの需要は非常に高まってきています。さらに糖鎖が少ないと、精子と卵子とが結びつきにくくなったり、受精卵が成長しにくくなったりします。つまり不妊や流産の原因になる可能性もあるわけで、これらを防ぐためにも上記のサプリメントを飲む人は増えていくと予想されています。