布ナプキンと紙ナプキンを使い分けるのがおすすめ|生理の悩みを解消

確実な効果を考える

ワキ

ワキガ対策のクリームを選ぶときには臭いを抑えることと効果の持続性が大事です。そのためには臭いの原因のひとつである皮膚に常在する雑菌類を殺菌する成分と皮脂の過剰な分泌を抑えるための保湿力がポイントです。

詳しく見る

全身に使用できる

クリーム

イビサクリームは、口コミでも美白効果が高いと評判のデリケートゾーン用クリームです。デリケートゾーンだけでなく、黒ずみが気になる部分ならどこにても使用できるとの声も高く、保湿や美肌など、色々な活用ができるようです。

詳しく見る

かぶれにくいので安心

パンツ

生理用品の1つに布ナプキンがあり、使い捨ての紙ナプキンでかぶれやすい体質の方やエコにこだわる女性を中心に需要が高くなっています。石鹸や布ナプキン専用の洗剤を使用することで何度でも使えるので、節約にもなりおすすめです。

詳しく見る

デリケート部分にも使用

脇を触る女性

女性が悩むスソワキガはワキガ専用のクリームでケア出来ます。香料など肌に刺激となるような成分が含まれておらず、デリケートゾーンも安心して使用する事が可能です。返金保証のある商品であれば、より安心して購入できるでしょう。

詳しく見る

気になる黒ずみをなくす

美容クリーム

イビサクリームは、朝晩に塗るだけで気になる部分の黒ずみをなくすことが出来る、近年人気の美容クリームです。口コミで徐々に話題を広げ、現在多くの愛用者を産出しています。デリケートゾーンだけでなく、ワキや乳首などにも使用することが出来ます。

詳しく見る

賢く使い分けて快適に

お尻

紙と布それぞれの特徴

布ナプキンとは、その名の通り布でできている生理用のナプキンをさします。市販されているケミカルナプキン(紙のナプキン)は一度使用すれば捨てますが、布ナプキンは使用のたびに経血を洗い流して繰り返し利用できるのが大きな特徴です。ちょうど、紙おむつと布おむつのような関係です。紙ナプキンは吸収量が多く、取り扱いも楽というメリットがありますが、ムレてかぶれることがあります。また経血を吸収したナプキンは体を冷やしますので、生理痛を呼び起こす場合もあります。使用後には大きなゴミが出てしまうこと、こまめに買い足す必要があることもデメリットといえるでしょうか。布ナプキンを使用する最大のメリットは、肌触りが良くて肌トラブルを起こしにくいことです。通気性がよいため、ムレやかぶれも起きにくい傾向があります。また、下着を重ねているのに近い状態のため意外なほど温かく、血のめぐりが良くなって冷えが改善し、生理痛が和らぐことがあります。生理のたびに買い足す必要がないのもメリットです。ただし、使用後は毎回洗う手間がかかるのがデメリットでしょう。また、きちんと汚れを落とさないと雑菌が繁殖する恐れもあります。専用洗剤などを使用するもおすすめです。どちらのナプキンにもメリット・デメリットがありますので、どちらが絶対におすすめということではなく、状況や状態に応じて使い分けるといいでしょう。例えば仕事などで長時間取り換えられない時や経血量が多くて漏れが気になる時はケミカルナプキンがおすすめです。肌が弱くてデリケートゾーンがかぶれやすい人、冷えが気になる人などは布ナプキンがおすすめでしょう。賢く使い分けで、生理期間を快適に乗り切りましょう。

Copyright© 2017 布ナプキンと紙ナプキンを使い分けるのがおすすめ|生理の悩みを解消 All Rights Reserved.